記事一覧
時刻表カバーを作ろう 2020.03.07
ゆらゆらすまいるえきちゃんを作ろう! 2020.01.20
徳島駅の鉄道の日ふれあいまつりにすまいるえきちゃん現る。 2019.06.30
第25回きしゃぽっぽまつりのすまいるえきちゃんステージ 2018.11.02
津島ノ宮駅とすまいるえきちゃん 2018.09.04
オレンジタウン20周年記念号とすまいるえきちゃん 2018.06.11
エヴァ新幹線に乗った時の話 2018.05.20
すまいるえきちゃん追っかけ隊が行く、宿毛まるごと産業祭の旅 2018.05.07
四国まんなか千年ものがたり1周年おめでとう! 2018.04.06
四国みぎした55フリーきっぷ&薬王寺初詣きっぷでお出かけ 2018.02.11

スルッとKANSAI2Daysチケットで旅してみる

関西の鉄道
05 /21 2016
CIMG3846.jpg
ゴールデンウィークに京都まで出かけた時に「スルッとKANSAI2Daysチケット」を使いました。
関西の主要な私鉄&バスに乗り放題のチケットです。
和歌山から京都までJRなしで私鉄だけで乗り継いで行くことができます。
乗り放題きっぷは結構な距離(回数)を乗らないと元を取れないので使うかどうか悩んだのですが、あちこちで寄り道もしたいし、観光施設等で使える割引もついてくるので使うことにしました。
この2Daysチケットは近畿圏以外で事前にチケットを購入しておき、現地窓口でカードと交換という観光客向けのきっぷです。(3Daysもあります)
南海フェリーで和歌山港に着いて最寄のチケット引換所が1駅先の和歌山市駅のため150円分余分に運賃を払わないといけないので、なんだか損した気分。
南海フェリーの徳島港でも引き換えしてくれないものでしょうか。
好きっぷ2000がある今、あまり需要はなさそうですが……。
CIMG3142_2016052023084134a.jpg
とりあえず少しでも節約するためコンビニで買える南海フェリーのチケットを購入しました。
通常2,000円のところ1,800円になります。
(帰りはスルッとKANSAI2Daysの特典でフェリー旅客運賃が2割引で購入できます)

CIMG3139.jpg
徳島港にフェリー入港です。
GW初日のため左にある待機所には車が満杯になりかけていました。
今回は車を載せないので座る場所をゲットするため乗船口に早めに並び乗り込みました。

CIMG3147.jpg
和歌山港駅のホームは長いです。
フェリーに連絡して特急サザンがやってきます。
ここから乗る人は少ないので指定を取らなくても余裕で座れます。

CIMG3150_20160521170109c09.jpg
この時間はサザンプレミアムでした。

CIMG3153.jpg
8両くらいある半分指定で半分普通の車両です。

CIMG3154_20160521170339691.jpg
先頭車両の窓から見る眺めはいいですよ。
和歌山市駅までは単線です。

CIMG3162.jpg
和歌山市駅のパタパタは健在です。
一旦改札を出て、出発前に徳島のコンビニで買っておいたスルットKANSAIのチケットをカードに引き換えてもらいます。
ここからは加太線に乗換えてめでたい電車を楽しんできました。(その時の記事はこちら

CIMG3171_20160521170828fa3.jpg
南海の改札内にJR乗換え口があって、そちらのホームには真田丸ラッピング列車がきてました。

CIMG3273.jpg
泉佐野で降りた時、向かいのホームにラピートルジャーがついたラピートが来ました。
これがついたラピートは1編成しかないので見られてラッキー?

CIMG3276.jpg
浜寺公園にある交通遊園に行くため羽衣駅で下車しました。

CIMG3279.jpg
今この辺は高架化工事が進められているようです。

CIMG3302.jpg
浜寺公園はかなり広いです。
交通遊園がある場所は浜寺公園駅より羽衣駅で降りた方が少し近いようです。
羽衣駅にはコインロッカーがあるので、大きな荷物を預けて遊びに行きたい方はこちらを利用した方が便利かも。

CIMG3280.jpg
交通遊園に来たのはミニ列車とゴーカートがあるから。

CIMG3287.jpg
子鉄は列車よりゴーカートに食いついてました。

CIMG3297.jpg
どこの交通公園に行っても蒸気機関車は飾ってある気がします。
徳島にもこんな交通公園できないかなぁ。(いまの広場だけじゃなくて)

CIMG3289.jpg
そして昔の阪堺電車もありました。
自由に中に入れます。

CIMG3292.jpg
運転席。
いろいろ触ってみる。

CIMG3317.jpg
ミニ電車は結構な距離を走ります。
野球場が見えたり川が見えたり、テニスコートも見えたり、景色がよいです。
片道300円です。
浜寺公園には遊具もたくさんあり、親子で一日楽しめそうです。

CIMG3329.jpg
歩いて元の羽衣駅まで戻り、1駅だけ南海にのって浜寺公園駅で降りました。
古い駅舎があるというので見たかったのですが、高架化工事に伴い旧駅舎は現在使われていません。

CIMG3340.jpg
現在は倉庫のような仮駅舎です。
ポストだけ旧式。

CIMG3345.jpg
あんな趣のある駅舎がなくなるなんて勿体無いと思っていたら、保存されることになっているようです。

CIMG3346.jpg
囲いの隙間から覗いてみました。

CIMG3337.jpg
ホーム側から見た中はこんな感じでした。

CIMG3348.jpg
さて、ここから阪堺電車に乗り換えです。(スルッtKANSAI2Daysは対象外です)
堺トラムという新しい電車が停まっていたのですが、すでにたくさんの人がいたので見送って次の電車を待つことにしました。

CIMG3351.jpg
パンダみたいな普通の電車がきました。
レトロな感じを期待していたのですがまったくもって普通です。
堺トラムに乗った方が良かったかも。

CIMG3362.jpg
すれ違う電車も普通な感じです。

CIMG3367.jpg
レトロ電車は普段は走ってないのかな?

CIMG3375.jpg
専用軌道部分もありますが、路面部分もあります。
電車と車と人が入り乱れている感じでした。

CIMG3377.jpg
天王寺が近づくと正面にあべのハルカスが見えてきました。
阪堺電車結構人が乗ってました。

CIMG3385.jpg
ここからは地下鉄谷町線です。
30000系。
天満橋まで乗ります。

CIMG3393_20160521203047340.jpg
京阪に乗換えます。
3000系かっこいいですよね。
乗り放題なのでダブルデッカーの2階に乗るため淀屋橋まで一旦戻ります。

CIMG3394_201605212033195c8.jpg
8000系来ました。

CIMG3396.jpg
2階建て車両は1両だけです。

CIMG3404_201605212039340f8.jpg
次の目的地はくずはモール。

DSC_1726.jpg
ここでOJICOのTシャツの京阪テレビカー柄が先行販売されているので買うために。
阪急もあったので欲しかったのですが、今回は京阪だけでがまんです。
OJICOはいろいろな鉄道会社とコラボしているのでマメにチェック入れてます。

CIMG3406.jpg
くずはモールといえばSANZEN-HIROBAのテレビカー。

CIMG3408.jpg
とりあえずシミュレーターを1回やっておきます。
もう夜なので空いてました。

CIMG3410.jpg
さて、宿は京都駅前です。
しかし京阪は京都駅前を通りません。
丹波橋で近鉄に乗換えです。

CIMG3411.jpg
近鉄に乗るのは久々です。

CIMG3419.jpg
かなり寄り道をしながら来たので京都に着いたのはもう夜中です。
駅前の人もまばらです。
「京都・梅小路みんながつながるプロジェクト」の一環で水族館の動物や列車のモニュメントが京都駅から梅小路公園に行く道すがらに設置してあるそうです。
今回は京都駅前のペンギンしか見なかったです。

さて次の日はほとんど京都鉄道博物館に滞在していたので、京都では市バスを行き帰りに使っただけという勿体無い結果に。
和歌山までの戻りはまだ乗っていない阪急を使うことにしました。
京都市営地下鉄で四条まで行き、阪急に乗換えです。
一気に梅田まで行きます。
特急に乗ったのですが満員で座れません。
そのうち疲れた子供が寝てしまったので、空いてて座れる準急か急行に乗り換えて梅田まで戻りました。
疲れてたし人も多かったので阪急の写真一切なしでした。
残念。

そこからは御堂筋線にのって難波まで行き南海まで戻ります。
時間かかりすぎて予定のフェリーは1本遅らせることになりました。

本当は子鉄のお気に入りの泉北高速鉄道に乗るつもりだったのですが、いかんせん京都鉄道博物館で長居しすぎました。
今回はあきらめて見るだけに。

CIMG3831.jpg
今回は和泉こうみちゃんのラッピングには会えませんでした。

DSC_1696.jpg
なんば駅のパタパタが液晶になってしまったというニュースを最近見ました。
パタパタだった時は何にも気にしてなかったけど、明るいですね、この表示。

CIMG3834_20160521211229ceb.jpg
ここからサザンに乗るつもりが、隣のホームに停まっていたこの電車に乗りたいと子鉄が言い出しました。
大分時間に余裕があったのでこちらに乗ってみることにしました。
8300系という割と新しめの電車です。

CIMG3839_201605212113007ee.jpg
乗るはずだったサザンとは和歌山市駅で会いました。

CIMG3838_201605212112599f7.jpg
ここからは2両ワンマンで和歌山港までです。
サザンに乗っていた人もここから乗換えです。
最近はフェリー連絡便も和歌山市駅で乗換えさせられることがあり、「あと1駅なのに……」と疲れた体で移動を強いられます。
それでも一時期に比べれば港へ行く本数増えましたよね。
夜の9時も過ぎたフェリーでしたので、GW中ですがゆったりとした船の中でのびのびと帰ることが出来ました。

CIMG3841.jpg
なんばで買っておいた551をやっとゆっくり船内で食べられます。
期間限定の消防車パッケージでした。

EPSON001_201605212127023db.jpg
かつて南海フェリーで実施していたポイントカードですが、昨年9月に廃止になりました。
平成30年9月末までに1つでも捺印されたカードを営業所に持っていくと何か貰えるというので、この度引き換えてきました。
10年以上前に乗っていた分です。

CIMG3848.jpg
タオルとボールペンを貰いました。
ボールペンにはいちおう南海フェリーのキャラ付です。
ま、こんなもんですよね。
ポイントカードをそのまま持っていた方が記念になったかもしれません。
スタンプ6個全部溜まっている人は無料乗船券に引き換えできるようです。

CIMG3847.jpg
長々と行程を書き連ねましたが、今回のスルッとKANSAIで一つ解決できなかったことがあります。
それは裏面にバス等で提示するために日付を自分で書き入れる筆記具のことです。
油性黒ペンで記入と書かれているので油性ペンを持参して書き込もうとしました。
でもこの裏面は油性ペンのインクをはじくのです。
マッキーとサクラマイネームと油性ボールペンで試しました。
無理です、はじきます、かけません。
鉛筆やクレヨンなら書けますがこすると消えます。
何だったら消えずに書き込むことが出来るのでしょうか。
建築用とかマッキーProなら書けそうですが一般家庭にそんなもの常備してないのに……。
日付記入のハードルが高すぎます。
関連記事
スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク