記事一覧
時刻表カバーを作ろう 2020.03.07
ゆらゆらすまいるえきちゃんを作ろう! 2020.01.20
徳島駅の鉄道の日ふれあいまつりにすまいるえきちゃん現る。 2019.06.30
第25回きしゃぽっぽまつりのすまいるえきちゃんステージ 2018.11.02
津島ノ宮駅とすまいるえきちゃん 2018.09.04
オレンジタウン20周年記念号とすまいるえきちゃん 2018.06.11
エヴァ新幹線に乗った時の話 2018.05.20
すまいるえきちゃん追っかけ隊が行く、宿毛まるごと産業祭の旅 2018.05.07
四国まんなか千年ものがたり1周年おめでとう! 2018.04.06
四国みぎした55フリーきっぷ&薬王寺初詣きっぷでお出かけ 2018.02.11

岡山へ行こう その1

JR四国
07 /14 2016
CIMG4188.jpg
岡山へ行ってちょっと気になる存在になった「くまなく」です。
路面電車まつり(「岡山路面電車まつりに行く」参照)のために岡山まで行ったのですが、今回は徳島から岡山まで鉄道旅でした。
例のごとく岡山駅ホームでかなり時間を取ってしまいました。
普段見られない列車をたくさん見られたので子鉄も満足でした。
大好きなマリンライナーに乗って瀬戸大橋を渡れたし。
イオンのポポンデッタにも行けたし。
電車の音も録れたようだし。
帰ってから何度も電車の音を流して楽しんでいます。
でも、音を流して「これ何の音かわかる?」とママ鉄に聞くのは止めてください。
電車の音」としか答えられません。
CIMG3900.jpg
さて、鉄道旅と決まったところでお得なきっぷ探しです。
徳島-岡山間需要は少ないのか通しのトクトクきっぷが見つかりません。
週末自由席早トクきっぷと岡山・香川休日おでかけパスが使えれば最高なのですが、岡山・香川休日おでかけパスは前日までに香川県内か岡山の方で買っておかないといけないので使えません。
とりあえず高松までは週末自由席早トクきっぷで、その先はこの際なので乗りたかったものに乗ってみることにしました。

CIMG4301.jpg
朝早くに徳島駅へ行きました。
バスもまだ走って無いので車で駅へ。
徳島駅クレメント駐車場はパークアンドライドが使えるのできっぷを買ってるから1日600円です。(みどりの窓口できっぷ見せて駐車券を貰う)
ただし、ここの駐車場は立体部分は24時間営業じゃないので、早朝・深夜に入出庫する場合は入ってすぐの平面部分に停めておかないとダメです。
自走式なのにどうして立体部分が24時間営業じゃないのか意味分からんとぼやいてみる。
幸い入ってすぐの平面部分は朝早いせいか余裕で空いてました。

<追記>2017年1月20日以降全面24時間営業になりました。

CIMG3895.jpg
乗るうずしおの1つ前に剣山1号が2番のりばにいました。

CIMG3897.jpg
うずしお来た。
汽車に夢中で入場前にキヨスクに寄るのを忘れてました。(八十八茶買うつもりだった)
まだ、改札内は準備中でシャッターが開いていません。
仕方なく自販機で普通のお茶を買う。
徳島駅のキヨスクは一向にセブンイレブン化する気配がありません。
まあ、駅ビルの左右をセブンイレブンに挟まれているので、転換したところで売上的にどうよって感じなのですが。
蔵本駅や穴吹駅みたいに「採算が見込まれない」と閉店するんじゃないかと危惧しております。
キヨスクとしては残しておけないのかなぁ。
こうなったらウイリーウインキーの名で何でも売ってるパン屋さんとして営業するのはどうでしょう?
徳島駅のキヨスクの行方が気になっているのでついつい話がそれてしまいました。

CIMG3898.jpg
とりあえず、前面展望席をゲットしたのですが、全然展望できません!!
何なのこの箱。
運転席のある部屋のガラス前に何かの機器か黒い箱が備え付けられている。
前からあったっけ?

CIMG3901.jpg
高松駅に着きました。
8番のりばに幕の無いN2000がいました。

CIMG3902.jpg
マリンライナーと8000系いしづち。
高松駅に来ると列車のバリエーションが増えて楽しい。

CIMG3907.jpg
乗換えまでに時間があるので改札外にある2Fのアンパンマンれっしゃにこにこステーションへ。
今夏はスタンプラリーをがんばってみることにした。
アンパンマン、子鉄の南海帽をかぶらされています。

CIMG3908.jpg
こちらのプレイルームは幼児対象なので、子鉄はガマンだ!!

CIMG3909.jpg
改札内に戻ってきました。

CIMG3910.jpg
青い121系。

CIMG3911.jpg
7000系と8000系。

CIMG3925.jpg
あ、これは0キロ300メートルポスト。

CIMG3928.jpg
さて、そろそろ次の列車の時間が近づいてきたため、駅の探索はこの辺にしておきます。

つづく。
関連記事
スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク