記事一覧
時刻表カバーを作ろう 2020.03.07
ゆらゆらすまいるえきちゃんを作ろう! 2020.01.20
徳島駅の鉄道の日ふれあいまつりにすまいるえきちゃん現る。 2019.06.30
第25回きしゃぽっぽまつりのすまいるえきちゃんステージ 2018.11.02
津島ノ宮駅とすまいるえきちゃん 2018.09.04
オレンジタウン20周年記念号とすまいるえきちゃん 2018.06.11
エヴァ新幹線に乗った時の話 2018.05.20
すまいるえきちゃん追っかけ隊が行く、宿毛まるごと産業祭の旅 2018.05.07
四国まんなか千年ものがたり1周年おめでとう! 2018.04.06
四国みぎした55フリーきっぷ&薬王寺初詣きっぷでお出かけ 2018.02.11

汽車で田井ノ浜へ海水浴に行く

JR四国
09 /17 2016
DSC_2016.jpg
JR四国には期間限定で列車が停まる臨時駅が2つあります。
その一つが徳島にある田井ノ浜です。
海水浴シーズンだけ列車が停まり、目の前の砂浜へすぐ行くことが出来ると聞きあこがれていました。
車ですら訪れたことはないので、どんなところなのか分からず不安です。
停まる列車は上り・下り各4本。そのうち特急列車は1本ずつしかありません。
行きは特急でも、帰りは普通に乗らないと遊ぶ時間が十分に取れません。
徳島市中心部からは普通列車で1時間以上かかります。(たぶん車で行った方が早く着く)
それでも一度は汽車で駅に降りたい。
そんな衝動に駆られて今年行ってきました。

DSC_1997.jpg
徳島駅から特急むろとに乗ります。
海に行くには荷物がたくさん必要です。
水着セットにテントにクーラーバック。
最低限の荷物だけ持って汽車に乗り込みます。

DSC_1996.jpg
特急むろとの発車案内には星マークがついていました。
たぶん臨時駅の田井ノ浜に停まる印ですね。

DSC_2001_201609162330061f7.jpg
臨時駅なので券売機上の路線図に表示はなく、いくらで買っていいのか分からなかったので、みどりの窓口できっぷを買いました。
ちょっとそこの海に~って感じで買ったけど、意外に高い。
同じ汽車にはこれから海に行くんだろうな~って感じの人が何人もいました。

DSC_2003.jpg
牟岐線は阿波室戸シーサイドラインという愛称がつけられていますが、田井ノ浜まで海は見えませんでした。
こんな感じの田んぼが続いています。

DSC_2007.jpg
特急なので車掌さんが検札に回ってました。
そして田井ノ浜に着く少し前に列車の中を回ってきっぷを急いで回収し始めました。
臨時停車だから駅で時間を食うわけにはいかない?

DSC_2011.jpg
特急は去り駅には誰もいなくなりました。

DSC_2015.jpg
時刻表と運賃表が貼ってありました。

DSC_2020.jpg
海側から駅の方を見るとこんな感じです。
左側の塔のようなものは駅舎ではなく、監視塔のようです。
その右のちっちゃい建物がトイレです。
砂浜は焼けてかなり暑いです。
ビーチサンダルだと足の裏は防げても、砂に埋もれる足の上にかかる熱は防げません。
やけどする~!!って思うくらい暑くて歩くのに苦労しました。
足を包むスイムシューズに履き替えて歩くとあまり暑くないのでオススメです。

DSC_2024.jpg
海は人も少なくのんびりした感じです。
そしてキレイです。
徳島市内の小松海岸のごみごみした感じとは比べ物にならないくらい落ち着きます。

DSC_2021.jpg
海を背にして駅の右の方に小さな海の家が1件あります。
焼きソバやうどんなどの軽食に飲み物・カキ氷を販売しています。
桝席も10以上はあって全部は埋まっていなかったので、テントを持っていったり片づけが面倒は場合はこちらを利用すると楽かもしれません。
確か5,000円で併設のシャワーやトイレも利用できるようでした。
桝席を借りていない場合は別料金(100円)です。
荷物預かりも500円でやってましたが、コインロッカー的なものではなさそうだったので、貴重品は預けられないかも。
海の家からさらに右に歩いていくと駐車場と無料のトイレ・シャワーがあって自由に使えます。
数は少ないですが人も少ないのでそんなに混みあうことは無いかも。
駅からはちょっと歩くし着替えてると時間もかかるので、汽車を利用する場合は片付けはお早めに。
40分~1時間くらい前に片付け始めた方がいいです。(今回間に合わんかと思った)

DSC_2053.jpg
海はほんときれいですよ。
南の方はサーフィンのメッカなせいか、波は高かったです。
ここでサーフィンしてる人は見かけなかったですが……。
浮き輪をもって波に乗る(浮かぶ)のが楽しいです。
うっかり波がくだける場所に居てしまうと、波に呑まれて焦ります。

団体で着ている子供たちは目立つ水泳帽をかぶり、ライフジャケットを着ていました。
今年の夏は徳島の小学生が海や川で死亡するという事故が数件あったので、ライフジャケットを買った方がいいかもしれません。

DSC_2061.jpg
汽車を海を撮ろうと思っても、海沿いを走っていないので砂浜と汽車といった写真しか撮れません。
ビーチパラソルが海水浴っぽい?


影が一切なく日差しが照りつけるので、持っていったこんな↑ポップアップテントは重宝しました。
前と後ろがファスナーで閉じられるので、いざとなれば中で着替えが出来ます。
後ろは網になっているので風が通って飛ばされにくいし中でいても涼しいです。
そして遮熱生地なので中で居ればそんなに暑くないです。
ただし、これ、広げるのは簡単なんですが、畳んで元のように丸い袋に収納するのは慣れないと出来ません。
買ってすぐの時、周りにほとんど人が居なくなっても畳めずに、砂浜で動画を何度も見て苦労して収納しました。
今回は汽車に乗るため時間をかけられないので家で何度も畳む練習をしました。
今では1分もあれば簡単に畳めます。(ちょっと自慢)
テントを畳む自信がない方には海の家をオススメします。

DSC_2066_2016091700515598d.jpg
駅(監視塔)と特急も撮ってみました。

DSC_2069.jpg
片付け終わってギリギリに駅に着いて待ちます。
帰りは普通列車です。

DSC_2071.jpg
ワンマンなので、整理券を取ります。
期間限定の田井ノ浜表示です。

海は楽しい~。
子鉄は来年も行こうと言っています。
そうね、来年は勝手も分かって少し手早く準備や片付けも出来るかもね。
関連記事
スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

No title

田井ノ浜、いっぺんだけ行きました。
プライベートビーチってカンジがしましたよ。
この記事写真よりは人が居ましたが、
海の家はやっぱり一軒だけでした。
徳島ではお盆の頃は土用波が来て
海水浴はお終いですよね。
で以来行けてません。

No title

南欧風様>
田井ノ浜はほんと人が少なくて良いですよ。
写真は行ったすぐの人が少ないところを撮っているので、海の家や駐車場に近い方にはもっとたくさん人がいました。
土用波ってのは始めて聞きました。
お盆が来たら海水浴に行かないのは迷信のせいかと思ってました。
海水浴のシーズンって意外と短いですよね。
今年もこの1度きりでした。

No title

こんばんは。
学生時代、話に聞いたことはありますが、こういうところだったんですね。
海の家があるのもいいですね。
最近は海に行かないもんで。

No title

鳩バス男様>
海水浴は思い切らないとなかなか行けないですね。
話のタネに今年は思い切って行きました。
いいところだったので来年も行きたいところです。
スポンサーリンク