記事一覧
ゆらゆらすまいるえきちゃんを作ろう! 2020.01.20
徳島駅の鉄道の日ふれあいまつりにすまいるえきちゃん現る。 2019.06.30
第25回きしゃぽっぽまつりのすまいるえきちゃんステージ 2018.11.02
津島ノ宮駅とすまいるえきちゃん 2018.09.04
オレンジタウン20周年記念号とすまいるえきちゃん 2018.06.11
エヴァ新幹線に乗った時の話 2018.05.20
すまいるえきちゃん追っかけ隊が行く、宿毛まるごと産業祭の旅 2018.05.07
四国まんなか千年ものがたり1周年おめでとう! 2018.04.06
四国みぎした55フリーきっぷ&薬王寺初詣きっぷでお出かけ 2018.02.11
四国みぎした55フリーきっぷで「巨大!つながるブロックのまち」を見に行く 2018.01.13

四国みぎした55フリーきっぷで「巨大!つながるブロックのまち」を見に行く

JR四国
01 /13 2018
DSC_3959_R.jpg
ずっと使いたかったきっぷ「四国みぎした55フリーきっぷ」。
徳島駅から四国の右下室戸岬を経由して高知駅までのJR・阿佐海岸鉄道・高知東部交通(バス)・土佐くろしお鉄道が3日間乗り放題で5,500円という破格な切符です。
甲浦から向こうバスに乗って高知まで行って帰ってくるとすばらしくお得なのでしょうが、このルートを往復するのは体力的にも時間的にもきついです。
なので、年末のお休みに甲浦まで行って帰ってくることにしました。
ちょうど海陽町のマリンジャムで「巨大!つながるブロックのまち」というチームラボのデジタルアート展が開催されていました。
阿佐海岸鉄道25周年記念のイベントでもあります。
同じ徳島県内でありながら、南部には全くと言っていいほど縁がなく、かなり思い切らないと足を延ばせません。
公共交通機関の便が非常に少ないというのもあるんですけどね。
子鉄が駅でチラシを見つけて「行きたい」と言わなければ思い切れなかったです。
IMG_7937_R.jpg
徳島駅からむろと1号に乗り、まず牟岐へ行きます。
この特急が9:51発というちょっと遅めなので向こうでの滞在時間は長く取れません。
(今年3月のダイヤ改正でむろと1号の時間が早くなるようなので、南に遊びに行きやすくなるかも?海水浴とか)
ローカル線なので、年末ですがそれほど混んでいません。
でも、大きなスーツケースを持った帰省客風のファミリーもちらほら見かけました。

IMG_7956_R.jpg
窓の外は山と田園風景がほとんどです。
田井ノ浜駅で一瞬だけ海を近くに望めます。

IMG_7967_R.jpg
牟岐で普通列車に乗り換え、海部でさらに阿佐海岸鉄道に乗り換えます。

IMG_7970_R.jpg
海部駅の少し手前には昔は山をくりぬいたトンネルだったコンクリートのトンネルがあります
山が削られてコンクリートの部分だけ残ったとか。

IMG_7978_R.jpg
左がJR四国で右が阿佐海岸鉄道の列車です。
初阿佐鉄だ!!

IMG_7983_R.jpg
冬ホタルとヘッドマークがついてますが、期間限定で車内をイルミネーションで飾っています。

IMG_7993_R.jpg
トンネルが多いので、昼間でもキレイなイルミネーションが見られます。

IMG_7994_R.jpg
次の宍喰駅で降りました。
駅舎もイルミネーションをしているようなのですが、残念ながら暗くなる時間まではいられません。

IMG_8000_R.jpg
阿佐海岸鉄道はすべて高架です。

IMG_7995_R.jpg
駅すぐ横のバス停から乗り換えて会場のマリンジャムがある竹ケ島へ行きます。
特急接続からの乗り換えを考慮しているのが、4分ほどの待ち時間でバスの時刻が設定されていました。

IMG_8002_R.jpg
10分ほどで海洋自然博物館マリンジャムに到着しました。

IMG_8019_R.jpg
本日の目的はこれ。
島の小さな水族館に入場すれば展示が見られます。

IMG_8007_R.jpg
暗い部屋の中にブロックと床に投影されたアート。

IMG_8009_R.jpg
今まで行ったチームラボのイベントは自分で描いた絵をスキャンしてそれが動くのを見るというものが多かったのですが、今回のは違ってました。
子鉄は思っていたのと違うので最初不満そうでしたが、段々勝手がわかってきて楽しんでました。

IMG_8016_R.jpg
同じ形のブロック間を線路や道路や水路が走ります。
子供たちはあちこちにブロックを動かして路を付け替えてます。
動きがあるので小さい子供ほど面白がっているようでした。

IMG_8052_R.jpg
動物もいる。

IMG_8012_R.jpg
この牛の柄がかわいい。

IMG_8059_R.jpg
ずっと遊んでいたいです。
意外と楽しいです。
人が少ないのも楽しめるポイントかも。

IMG_8036_R.jpg
さて、島の水族館も見に行きます。

IMG_8040_R.jpg
クマノミの水槽いっぱいありました。

IMG_8033_R.jpg
外には触れるプールがあります。

IMG_8032_R.jpg
ヒトデ。

IMG_8035_R.jpg
サンゴのプールも。

IMG_8076_R.jpg
あとはうろうろ展示を見て帰ろうと思っていたのですが、子鉄が船に乗りたいと言うではないですか。
行く前に聞いた時は乗らないと言っていたのに…。
帰りのバスの時間がぎりぎりなんですが、なんとか間に合いそうなので乗ることにしました。
(もし間に合わなかったらタクシーも呼べると係りの人に聞きました)

IMG_8303_R.jpg
マリンジャムのすぐ前から観光船に乗れます。

IMG_8079_R.jpg
海がすごく澄んできれいなんですよ~。

IMG_8091_R.jpg
この向こう側はもう高知県です。
あんまり何も考えてなかったので、そんな遠くに自分が来ていたことに驚きました。

IMG_8160_R.jpg
海は今の時期がいちばんきれいに見えるそうです。

IMG_8166_R.jpg
サンゴの間を青い魚がいっぱいおよいでいます。

IMG_8169_R.jpg
サンゴいっぱい。

IMG_8232_R.jpg
キレイなので、ぜひ一度行って欲しいです。
徳島県民なのに、たぶん人生初ですよ、これ乗るの。
船乗れて良かったなー。

IMG_8349_R.jpg
船着き場降りてすぐにのバス停から宍喰駅へ戻るバスに乗ります。

IMG_8380_R.jpg
宍喰駅といえば有名な伊勢えび駅長。
お正月の用意もばっちり。

IMG_8358_R.jpg
待合室にはなぜか男前のかめたろうさんのフィギュアがありました。

IMG_8359_R.jpg
スタンプたくさん。

IMG_8361_R.jpg
顔出しパネル。

IMG_8369_R.jpg
木製DMV。

IMG_8373_R.jpg
待合室にはたくさんの有名人のサイン色紙が飾ってありました。
子鉄の好きな鉄道一人旅のダーリンハニーさんも。

IMG_8389_R.jpg
徳島県最南端の駅、宍喰駅。

IMG_8391_R.jpg
お隣の終点駅は甲浦駅。
バスが接続しててすぐに出発して行きました。

IMG_8393_R.jpg
ここはもう高知県。

IMG_8392_R.jpg
東洋町なんだなぁ。

IMG_8397_R.jpg
駅前には神社があったけど、ほかには民家しかなさそうでした。
すぐに折り返しの便に乗らないといけないので、ゆっくり見られませんでした。

IMG_8400_R.jpg
線路は行き止まり。

IMG_8398_R.jpg
高架もここからぷっつりと途切れています。
この先が奈半利まで鉄道でつながっていたならば、私は行く気になったと思います。
行ったことはないけど景色いいだろうなぁ~、海沿い。

IMG_8425_R.jpg
阿佐鉄を引き返し海部で乗り換え、聞いたことのある名前の駅「鯖瀬」

IMG_8427_R.jpg
駅前には有名な鯖瀬大福の店がありました。
お土産にもらったことが何度かあったけど、こんなところにあったのか~。
降りて買いに行きたい~。
けど、時間もないのでまた次の機会に。

IMG_8432_R.jpg
もう夕方の日差しの牟岐駅。

IMG_8434_R.jpg
駅前の案内看板。
駅前には少し大きなスーパーがありました。
ここまでゆっくり時間も取れず、お店を探しもしてなかったので、お昼ご飯も食べてませんでした。
ローカル線を旅する時はもっと食料持参して行こうとこの日思ったのでした。

IMG_8435_R.jpg
スーパー横には本日お世話になった南部バスの営業所がありました。
牟岐駅から甲浦駅まで走ってます。

IMG_8438_R.jpg
むろとのマークを今までじっくり見てなかったのですが、岬に「立つ灯台のマークだったんですね。

IMG_8440_R.jpg
夕暮れが迫る中、特急むろとで家路につきました。

子鉄の希望も私の希望もかなえられた旅でした。

あ、巨大!つながるブロックのまち展示は2018年1月31日までですよ!
関連記事
スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク